FC2ブログ

生活を便利にする技術

こんにちは。コンサルタントの村田です。

我々の身の回りでは次々と新しい技術が生み出され、生活が便利になっていきます。

ある企業が開発した食品の鮮度保持システムは、これまで廃棄されていた竹や茶葉といった天然由来成分から成る鮮度保持剤と、光触媒の殺菌力を組み合わせた安全性の高い製品で物流業界で使用されています。

鮮度劣化の原因となる青果物のエチレンガス、アセトアルデヒドを鮮度保持剤が吸着分解し、光触媒の効果で空気中の雑菌を殺菌し鮮度を保ちます。

これによりローコストで安全な鮮度保持が実現し、今までは不可能だった青果物の鮮度を保ったままの長距離輸送が可能になりました。

まだ実用には至っていないようですが、痛みの早い葉物野菜の輸出も試験的には成功しているようです。

単純な問題ではないかもしれませんが、これまで運べなかった場所へ食糧を運べるということは、食糧難の解決の糸口になるかもしれません。

さて我々人材業界でもこの食糧難に似た現象があります。全国の有効求人倍率は1.2倍を超え(東海では1.4倍!)どの企業様も人材の確保には苦労されているようです。

一方で転職活動を行っているものの、なかなか転職先が見つからない方も大勢いらっしゃいます。希望の仕事を見つけるためには、野菜の長距離輸送ではありませんが、遠方への転職も視野に入れる必要があるかもしれません。

就業中の転職活動はただでさえ時間の確保やスケジュール調整が難しいもので、遠方への転職であればなおさらです。

そんな時は是非キャリアコンサルタントにご相談ください。弊社は東海地区へのIターン、Uターンの実績が多数ございます。

まずはご相談から、お気軽なエントリーお待ちしております。

スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック