FC2ブログ

某企業の事業転換

こんにちは。コンサルタントの村田です。

先日テレビを見ていたら、日本メーカーの技術力に焦点を置いた番組がありました。
様々な技術が取り上げられる中で、印象に残ったのが、ある企業の新規事業立ち上げの話でした。

某写真フィルムメーカーが、主力事業の市場規模が縮小する中で、事業転換を迫られます。
新規事業の一つとして立ち上げられたのが化粧品の開発でした。
一見、何のかかわりもないように思える、写真フィルムと化粧品ですが、実は両者の主な原料はコラーゲン。
写真フィルムで培ってきた研究開発の技術を生かすことが出来るのが化粧品だったのです。
その他にも、これまで蓄積されてきた基盤技術とコア技術の応用により、
いくつもの新規事業を立ち上げ、事業転換を成功させます。

この事業転換を成功させた要因の一つは技術の棚卸をきちんと行った点です。
自社がどういった技術を持っていて、それをどういった事業に生かすことが出来るのか。
その分析が出来たからこそ、実績の全くなかった新規事業の立ち上げを成功に導く事が出来たのです。

技術の棚卸をきちんとすること、これは転職活動でも同じことが言えます。
同業界、同職種への転職であれば特に困ることはありませんが
未経験の分野にチャレンジするのであれば、アピールが上手くできないと選考を通過することはできません。
自分の持っているスキルや経験はどういったもので、チャレンジする職種と業界に共通する部分
は何なのか、そこを明確にすると転職活動がスムーズになると思います。

私たち転職コンサルタントも、求職者様のお話を伺う中で、常識や固定概念に捉われず、
その方の可能性を広げることが出来るようなご提案をしていきたいと思います。



スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック