FC2ブログ

2016年10月の記事 (1/1)

読書の秋

こんにちは。みらい人材サポートの渡邊です。

最近私は“読書の秋”ということで、
(前回のブログで村田も読書についてアップしていましたが・・・)
空いた時間はできる限り読書をするように心がけています。
通勤時間が1時間ほどかかり、入社当初はそれが苦痛でもありましたが、
最近では通勤時間は「読書をする時間」と決め、
1か月に1冊以上は読むようにしてきました。
また、“速読”も心掛けており、読書をすることに慣れてきたら
少しづつ読むスピードを上げて1か月に2冊以上の
本を読むことを自分の中で目標にしています。
以前は本を読む習慣がなく、「本を読まなければならない」と
強制的に思っていましたが、今は1冊の本を読み終えた時の
達成感が最近の私のストレス発散になっています。

本を読むことで“語彙力や知識を得る”“集中力が高まる”
“考え方の幅が広がる”など良いことはたくさんあります。
私自身は本を読みこなすことで、自信につながるような気もしています。
これまでは「働いているから本を読む時間が作れない」と
言い訳をしていましたが、通勤時間を有効に活用して
多くの本を読み、知識を身につけることで、自分自身の視野を広げ、
キャリアアドバイザーとしての業務にも活かしていきたいと思っています。
スポンサーサイト



○○の秋

こんにちは。みらい人材サポートの村田です。

10月も半ばになり、過ごしやすい気候になってきました。
何かを始めるにはいい季節なので、最近ご無沙汰だった
読書をしているのですが、先日読んだ本で大学生の
就活がテーマになっているものがありました。

私が就活をしていた頃は就職氷河期で苦労した思い出しかないのですが
時代は変わっても就活は大変なようで共感できる部分がいくつもありました。

そのなかでも特に目を引いたのが「面接で落ちても、理由が
わからないので対策のしようがない」といった内容でした。

確かに当時のことを思い出してみると、手ごたえのあった面接で
お見送りになったり、またその逆もあったりで活動はしているものの
雲をつかむような感覚だった気がします。

就職に限らず、転職活動においても苦労する理由の一つとして
「面接のフィードバックがもらえない」という事があります。

自身で良いところ悪いところに気づくことが出来れば良いですが、
わからない部分も多いと思います。
また、面接では良い悪いではなく、合う合わないという要素もあるので
一層判断が難しくなります。

書類選考は通過するものの面接で上手くいかない、といったお悩みを
お持ちの方は、我々転職エージェントにご相談ください。

選考前の模擬面接を実施したり、面接後の企業側からのフィードバックも
情報としてお伝えしますので、課題や改善点が明確になります。

転職活動を始めるのにもいい季節です。是非一度ご面談にお越しください。

台風一過で…

こんにちは。岩井です。

今シーズンは気象災害で国内でも大きな被害が出ていますね。
愛知県は幸いなことに大きな被害は出ていないようですが、
雨と曇の天気が続いていて、気分が冴えないですね。
予報によると、昨日、本日は束の間の晴れ間のようですが、
明るい日差しを浴びて、気分も晴れやかにしたいところです。

天気ついでの話として、真夏のような気温も落ち着き、
これから涼しくなるようですね。
転職活動もしやすくなる気候になってきたかと思います。

仮に、この段階から転職活動をスタートすると、
書類の作成と求人企業様への応募から始まり、書類選考、面接と進めて内定。
ここまでで早くて1~2ヵ月くらい。
その後、退職交渉~業務の引き継ぎ~内定先への入社。
これでプラス1~3ヵ月。
年明けから新たな環境でスタートを切るお考えでしたら、頃合いの時期かと思います。

なんとなく転職を考えている、転職すべきかどうか迷っている、初めての転職など
相談からでもお受けしますので、お気軽にエントリーください。